葬儀の一般的な価格は差がある。

葬儀に参列したり、身内が亡くなり葬儀をしたことがある人もたくさんいると思いますが、葬儀は意外とお金がかかるものです。葬儀の一般的な価格はだいたい80万円くらい聞いたことがありますが、なんだか高いなと感じる人も多いのではないでしょうか。しかしこの費用の中には参列者への食事代なども含まれています。またグレードがいいものになるとさらに価格が上がります。それだけ盛大なものになるわけですが、私は葬儀に関してはそこまで盛大にす必要はないと思っています。自分的な意見としては、自分の葬儀に関しては地味なこじんまりとした感じのものを望み、静かに限られた人に見送られたいと思います。中には社長さんが亡くなるなどのような、仕事上の付き合いの人も参列したりするので、盛大にしなければならないという状態になるのでしょう。

親族からすれば最後の別れの時までも、他人に気を使わないといけないのは辛いこともあるでしょう。でも言い換えて見ればだからこそ、辛いことも忘れられてしまうのでしょう。また最近では格安の値段で葬儀ができるという会社もいますが、私は安すぎるのも怪しいと思います。葬儀が20万円程度と書かれていても、オプションなどをチェックして追加して行くだけでもすごく高くなります。葬儀代で意外にかかると言われているのはお花代がかかるからです。たしかに急に新鮮なお花をようにするのは難しいです。でもほとんどのお店は生花を使っていますが、安いのを売りにしている葬儀店は生花を増加にしたりいます。

また経費として削減できるところはたくさんあります。まず前提は経費削減してから葬儀の価格を見直すべきです。また、何もわからない素人相手をする人を見てたりするんですが、さすがに葬儀に関して文句を言われたことはありません。葬儀にかかる費用は、突然必要になるわけですが、きちんと対応出来るようにしておかなければなりません。なかには死亡保険などを利用して葬儀代に当てる人もいるようですが、それもいつ入ってくるかもわからないし、葬儀よりも生活のほうに保険金などは当てたいと思うのです、できるだけ残された身内が困らないように、葬儀代金くらいは自分で用意しておいたほうが、家族のためでしょう。家族などが亡くなってすぐに葬儀などを考えないといけないのは酷な話ですが、きちんとお見送りの準備をするのも大切なことです。私も自分の家庭があるので、もしものときはきちんとしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です