意外と知らない香典返しのマナー

今まで香典返しを頂いても特に気にとめていませんでしたが、いざ自分が渡す立場になるとどうすていいのかわかりませんよね。まずは香典返しとは何かですが、葬儀の時香典やお供え物を頂いた方にお礼の手紙を添えて送るものです。時期としては、喪が明けるころが一般的とされています。お返しの品物にはのしをかけます。持参して手渡しする場合は外のし、送る場合は内のしにすることが多いようです。お返しする品物の予算は、頂いた香典の3分の1から半額位を目安に考えると良いでしょう。よく使われるものとして、不祝儀のお返しなので、縁起を担いで、後に残らない石鹸やお茶を選ばれる方が多いようです。最後に、香典返しを受け取った場合の事ですが、受け取ってもお礼状やお礼の電話は必要ありません。ただ、親しい間柄なら、その後大丈夫かな?とこれをきっかけに電話してみるもの良いかもしれませんね。

香典返しを贈るタイミング

日本には葬儀に参列し香典や供物をいただいた人達に、お返しの意味で香典返しを送る習わしがあります。参列してくれたお礼の意味がある会葬礼状は葬儀の時に渡しますが、香典返しはそれとは別に喪明けに贈るものです。香典返しを贈る時期は、葬儀を終えてひと段落がつき、四十九が過ぎた忌明けのころが常識となっています。お礼の商品と、お礼の気持ちを込めた礼状と共に、配送にて贈ります。商品は、いただいた香典の金額の3割から半額くらいの金額から選ぶのが一般的です。また金額に関わらず同じ商品を贈る場合もあります。葬儀会社が金額別に商品を選べるカタログを用意してくれることが多いです。贈る商品は、海苔、洗剤、ギフト券などが定番人気です。会社単位で香典をいただいた場合は、みんなで食べられるようなお菓子の詰め合わせなどが喜ばれます。

葬儀のお礼の香典返し

仏教において49日が過ぎた時を忌明けと言います。亡くなってからの49日間を中陰と言って、遺族はその間7日ごとに法要を行います。そして7日ごとの法要が7回目を迎えた49日目を忌明けといい、気持ちの意味でも一区切りをつける期間となるのです。この忌明けの時に喪主が葬儀で香典をもらった人たちに贈るのが香典返しです。香典返しは香典のお礼の意味で、お礼状と贈答品を贈る習慣のことを言います。香典返しは喪主や遺族が自分たちで用意することもあるし、葬儀会社が手配してくれることもあります。基本的には香典の3分の1から半額ほどの金額の商品を贈ります。半額の商品を返礼品として贈ることを半返しと言います。仏式やキリスト式、関東地方や関西地方などによって習慣が違うことあるので、宗派や地域の習慣に沿った形で贈るのがマナーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です