家族、親族全員でやり遂げる葬儀での役割

家族に不幸があった場合、避けて通れないのが葬儀の準備です。最近は生前に自分の葬儀をどうするか具体的な計画をたてている人も多く見られます。しかし、不慮の自己や病気を本人に伝えていない場合は、残された家族がその人の葬儀の段取りを行わなければなりません。そこで大切になってくるのが家族の葬儀での役割です。突然訪れる葬儀に関してはみんなで協力しあわないと、取り仕切るのは不可能と言えます。とは言っても、葬儀の段取りに詳しい人などそうそういるものではありません。ここで心強い存在となるのが、親戚の年長者と葬儀を取り仕切ってくれる葬儀社です。もし、家族の葬儀を初めて行う場合どの葬儀社を利用したらいいのかわからないものです。わからないと適当に葬儀社を選んでしまうとトラブルの原因になりかねません。まずは親戚の年長者にどこの葬儀社がいいのか相談をしてみましょう。年長者は若者に比べると葬儀に参加した経験が豊富です。自分で取り仕切ったことはなかったとしても、どこに葬儀社があるか、どの葬儀社がよいのか、金額はどれほど必要なのかといった知識を持っています。一人だけでなく何人もの年長者に相談すれば、よいアドバイスがたくさん得られるでしょう。

その中から信頼できそうな葬儀社を選ぶべきです。葬儀社を選んだら、喪主を務める人は常に連絡が取れるようにしておきましょう。葬儀においてはさまざまな段取りが必要になります。発注や準備は葬儀社がおこなってくれますが、決定は喪主を中心に家族が行わなければなりません。急に打ち合わせが必要になることもあるので、携帯電話は手放さないようにしましょう。喪主以外の家族の協力も必要になります。特に女性の協力は欠かせません。遠方から葬儀に参加してくれる親族のために宿泊の手配が必要になります。また、葬儀の前やあとにお茶を用意したり、食事の準備も必要です。

いつもと違ってたくさんの人の対応が求められるので、一人だけでは大変です。家族の女性全員で対応することが必要です。それ以外にも、出棺する際には男性陣の力が求められます。最低4人から6人は必要になるので、家族に男性がいない場合は事前に親族に協力を求めておきましょう。子供達にも大切な仕事があります。時間が空いた場合に親族の話の相手になってもらいましょう。遠方の親族は滅多に会うことがないので、大きくなった姿を見て話も弾むことでしょう。このように葬儀は家族、親族みんなの力がないとやり遂げられないものです。生前から親族との良好な関係を維持しておく必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です